毛糸でポンポンを作ってみよう!手作りポンポンメーカー

毛糸のポンポン


こんにちは。ハンドメイドアクセサリー講師のキアです。

今回は毛糸のポンポンの作り方です。

手芸用品店や100均でもポンポンメーカーは販売されていますが、ポンポンメーカーは自分で作れます。

簡単なのでぜひ作ってみてください。


ポンポンの作り方

①まず画用紙でポンポンメーカーを作ります。

少し厚めの画用紙がいいです。

画用紙に適当な円を二重に書き、中心に1本線を引きます。



ポンポンメーカー


下の画像のようにカットします。

これを4つ作ります。


ポンポンメーカー出来上がり


②ではポンポンを作っていきましょう。

カットしたポンポンメーカーを2枚合わせます。

毛糸を均等に巻いていきます。


ポンポンメーカーを2つ合わせたところ
毛糸を巻いているところ


③毛糸の巻く量はポンポンのボリュームです。

今回は200回巻きました。

それを2つ作ります。


毛糸を巻き終えたところ


④2つを画像のように合わせます。

今回はマスキングテープで留めましたが、洗濯バサミやクリップでも良いです。



2つ作ったものを合わせます


⑤毛糸を切っていきます。

画用紙と画用紙の間を切っていきます。

先の尖った小さめのハサミが切りやすいです。

1周切ります。



毛糸を切っているところ
切り終わったところ


⑥毛糸を適当な長さに切り、画用紙の間に通し二重巻きます。

巻き終わったらギュッと2回方結びします。



糸を巻いているところ
糸を二重巻いたところ
固結びしているところ


⑦結んだらポンポンメーカーを外します。


ポンポンメーカーを外したところ


⑧飛び出ている毛糸をカットし、綺麗に丸くします。


飛び出たところをカットしているところ


⑨完成です。


ポンポン完成


まとめ

いかがでしたでしょうか?

簡単にできますよね。

毛糸を巻く回数が多い方がボリュームがあってかわいいです。

200回くらいがちょうどいいと思います。


手作りのポンポンメーカーは使っていくうちにボロボロにはなりますが10回くらいはいけると思います。

材料も家にあるもので作れます。

ストッキングを買った時やワイシャツを買った時に中に入っている台紙も使えます。

簡単なのでぜひ作ってみてください。

作るのはちょっとというあなたはこちらをどうぞ。