ハーバリウムボールペンの作り方【プレゼントにも最適!!】

2020年10月11日

可愛くて大人気!ハーバリウムボールペンの作り方をご紹介します。


ハーバリウムボールペン

ハーバリウムボールペン

ハーバリウムボールペンは名前の通りボールペンの中にハーバリウムが入っているペンです。

私はハーバリウムボールペンを仕事で使っています。

ボールペンが可愛いだけで気分が違います。

学生さんもペンケースの中に1本どうですか?

勉強がはかどるかもしれませんよ♪

100均でも売られるようになったのでお手軽に作れます!


ハーバリウムボールペンの作り方

空のボールペン


用意するもの

ハーバリウム用ボールペン

ハーバリウム用オイル

封入素材(ドライフラワー、ビーズ、ホログラムなど)

ピンセット

竹串


全ての材料が100均で買えます。

通販でも買えます。


①ハーバリウムボールペンを分解します。


ボールペンを分解したところ


②どういう感じにしようかな〜と素材を並べてイメージします。


デザインをイメージしているところ


③オイルと素材をピンセットや竹串を使って交互に入れていきます。


花を入れているところ
花を入れ終わったところ


④入れ終わったらゴム栓をします。


その際溢れたオイルはティッシュなどで綺麗に拭き取ります。

ゴム栓をする時空気が邪魔をして、栓がしにくいのでピンセットや竹串を隙間に入れて空気を抜きながら押し込みます。


ゴム栓をしたところ


⑤金の輪っかをはめて、接着剤でゴム栓をとめます。


接着剤をつけているところ


⑥下の部分をセットして完成です。


ハーバリウムボールペンの完成


ハーバリウムボールペンを作る時のポイント

素材はギュウギュウに入れるよりもオイル部分を残し、透明感がある方が綺麗です。

ドライフラワーからは空気が出てきます。

すぐにゴム栓をせず少し待ちましょう。

出てきた気泡はすくいとって下さい。

通販でキットとして売っているオイルは、ハーバリウムボールペン用の容器に入っているのでそのままで大丈夫ですが、100均のオイルを使う場合は袋や少し大きめの容器なのでオイルをスポイトや、化粧水などを詰め替える時に使う注射器などを利用して下さい。



まとめ

簡単に作ることができるハーバリウムボールペンは、自分用にもプレゼントにも最適です。

ぜひ好きな色で素敵なハーバリウムボールペンを作ってみて下さいね。

こちらも合わせてご覧ください。