モールドを使わないレジンピアス

今回の記事ではモールドを使わないレジンピアスの作り方をご紹介したいと思います。

レジンとは?

レジンは透明な樹脂です。

レジンにはUVレジンとエポキシレジンの2種類があります。

今主流なのはUVレジンです。

100均でも購入できます。

UVレジンは紫外線で硬化させます。

太陽でも固めることはできますが時間がかかるため、通常はUVライトを使います。

お天気の良い日に窓際で作業をしていると固まってきてしまうのでお気をつけ下さい。

作業中は換気をして下さい。

またレジンはアレルギーを起こす可能性があります。

素手では触らないようにして下さい。

心配な方はビニール手袋を使って下さい。

その時は大丈夫でも何回も使用しているうちにアレルギーを起こします。

痒くなったり、赤く発疹が出たり、水膨れになることもあります。

注意事項さえ守ればとっても楽しいハンドメイドです。

作り方

用意するもの

レジン液

封入素材(ドライフラワー、ホログラム、パールなど)

ピアスパーツ

クリアファイル

ピンセット

マスキングテープ

①小さく切ったクリアファイルに好きな形にレジン液を垂らし、UVライトで硬化します。

②クリアファイルから剥がしひっくり返します。

レジン液を薄く塗り、封入素材をのせます。

この時動いてしまってやりにくかったら下にマスキングテープを貼って固定して下さい。

軽く硬化します。

封入パーツを入れた所

③また上からレジン液をプックリのせ硬化します。

固まったらひっくり返しピアスパーツをレジンでつけます。

ピアスパーツをつけている所

④完成です。

まとめ

レジン液も色々なメーカーから出ていますが、モールドなしで作る時は粘度の高いレジン液がおすすめです。

ピアスパーツの接合部分はしっかり硬化して下さい。

耳に触れる部分なので硬化が不充分だとアレルギー反応を起こすことがあります。

レジンの取扱に注意し、色々な形のレジンアクセサリーを作ってみて下さいね。

ピアスを装着した所