マンテル アジャスター 引き輪 【ネックレス ブレスレットに必要なパーツ】  

マンテル?
聞いたことないです。
マンテルって何ですか?

マンテルは棒を輪の中に入れてとめるタイプの金具です。
詳しくお話しますね。

マンテル

マンテル


マンテルとは

マンテルとはネックレスやブレスレットの留め金具として使うもので、棒を輪の中に入れて留めます。

デザインがシンプルなものから凝ったものまであり、留め金具ですがアクセサリーの一部として考えられます。

マンテルを変えるだけでそのアクセサリーの印象が変わることもあります。

マンテルを留めたところ


マンテルの使い方

使い方は簡単でネックレス、ブレスレットの両端に丸カンで繋ぐだけです。

マンテルとデザインチェーン


今回は簡単にデザインチェーンとマンテルを使ってブレスレットを作ります。

デザインチェーンはとても便利です。

それだけで立派なアクセサリーになります。

デザインチェーンの両端に丸カンでマンテルを繋ぎます。


マンテルを使ったブレスレット


これだけでブレスレットが完成します。


ブレスレットをつけているところ


マンテルのメリットは片手で簡単につけられるところです。

引き輪やカニカンだと小さく片手でつけるのは難しいので、ブレスレットにはマンテルがおすすめです。


アジャスター・引き輪

アジャスターとひきわ

アジャスター・引き輪もネックレス、ブレスレットに欠かせないパーツです。


アジャスター

アジャスターは長さを調節することができるチェーンのパーツです。

下の画像はアジャスターの一番端に引き輪をつけたところで、最も長く使えます。

アジャスター一番長い


こちらの画像は少し内側に引き輪をつけたところです。

このように引き輪をつける位置によって全体のチェーンの長さを調節できます。


アジャスター短め

自分用に作るのであれば、長さを合わせながら作れるのでアジャスターがなくても大丈夫かもしれませんが、販売やプレゼントなどで作るときにはアジャスターは必要です。


引き輪とは

つまみがついた丸い金具です。

つまみを下に下げると隙間があき、つけたり外したりできます。

引き輪は先ほどのアジャスターか下の画像のダルマカン(板カン)とセットで使います。

引き輪


まとめ

このようにマンテル・アジャスター・引き輪はネックレス、ブレスレットの留め金具として使います。

デザインや機能でお好きな方を使ってください。

今、ネイルをされている方が多いと思うのですがネイルをしていると引き輪は非常に使いづらいです。

ネイルをされている方にはマンテルをおすすめします。