ボールチップとつぶし玉の使い方

今回の記事ではボールチップとつぶし玉についてお話したいと思います。

ボールチップとつぶし玉

ボールチップとつぶし玉

左がボールチップ、右がつぶし玉です。

ネックレスやブレスレットなどワイヤーやテグスを使って作る際に先端を処理するのに使います。

この2つは一緒に使うことが多いです。

ボールチップとつぶし玉の使い方

この材料を使って、ボールチップ、つぶし玉の使い方をみていきましょう。

ボールチップ

つぶし玉

ナイロンコートワイヤー

チェリークォーツ

ロンデル

ネックレスチェーン

ボールチップつぶし玉の使い方

①適量の長さに切ったナイロンコートワイヤーにボールチップとつぶし玉を通します。

ボールチップとつぶし玉を通したところ

②つぶし玉に通した同じ方からもう一度ワイヤーを通します。

つぶし玉のワイヤーを通しているところ

③ワイヤーを両方からひっぱり結び目を小さくし、平ヤットコでつぶし玉をつぶしてワイヤーに固定します。

つぶし玉をつぶしているところ

④ボールチップの中につぶし玉を入れます。余分なワイヤーはカットします。

ボールチップの中に少し接着剤を入れると完全に固定されます。

ボールチップの中につぶし玉を入れたところ
糊で固定しているところ

⑤平ヤットコでボールチップを閉じて、つぶし玉を中に挟み込みます。

ボールチップを閉じたところ

⑥チェリークウォーツとロンデルを交互に入れます。

パーツを入れたところ

⑦ボールチップとつぶし玉をワイヤーに通します。

ボールチップとつぶし玉を入れたところ

⑧先ほどと同じようにつぶし玉に通した同じ方からもう一度ワイヤーを通します。

つぶし玉にワイヤーを通しているところ

⑨ピンセットやヤットコを使って、つぶし玉をチェリークォーツの方に寄せつぶし玉をつぶします。

その時寄せ過ぎてしまうとワイヤーがピンと張ってしまい、離れているとパーツ同士の間に隙間ができてしまいます。

つぶし玉をつぶしているところ

⑩ボールチップの中に接着剤を入れ閉じます。

ボールチップを閉じているところ

⑪出来上がりです。

完成品

ネックレスチェーンをつけるとこんな感じになります。

ネックレス

まとめ

これさえ出来ればあとは繋いでいくだけなので、ネックレスやブレスレットなど色々なアクセサリーを作ることができます。

一番難しいのは⑨のつぶし玉をパーツの方に寄せていくところです。

寄せ過ぎず、離れ過ぎず、いい感じのところで固定して下さい。

こちらも合わせてご覧ください。