ロザフィとクイリングの違いは?ロザフィは資格なしでは販売できない!

ロザフィって聞いたことありますか?

ロザフィはクイリングと同じような専用のペーパーを使ってアクセサリーを作るクラフトです。

クイリングについてはこちらをご覧ください。

今回はロザフィとクイリングの違いとロザフィの資格についてお話します。


ロザフィとクイリングの違い

ペーパー

パッと見た感じはほとんど同じですが、幅や紙の厚みが若干違います。

道具

ロザフィーバーとクイリングスロットは先端に切れ目が入っているのは同じです。

ロザフィーバーは作る薔薇の大きさ種類によってバーが数種類あります。

基本の薔薇の作り方

こちらも違います。

クイリングの薔薇はネットや本にも作り方は記載されていますが、ロザフィは商標登録されているので権利者の許可が必要なため、作り方は公にはできません。

クイリングは紙を色々な形にまるめ、作品を作りますがロザフィは薔薇しか作りません。

薔薇を組み立てて他の形にします。

材料

クイリングの材料は手芸店などで全て購入できます。

しかしロザフィの材料は日本ロザフィ協会でしか販売していないため、一般の方は購入できません。

なので受講して会員になるか、講師の講習を2回以上受講して講師から販売してもらうしかありません。

作ったものを販売

クイリングはできます。

ロザフィは商標登録されているため、協会の会員にならないと販売はできません。


結論、ロザフィとクイリングは似てるようで全く別のものです。

協会があるかないかで全く違いますね。

ロザフィって何?

ロザフィは神奈川発祥の紙で作る薔薇のアクセサリーです。

専用のロザフィペーパーを巻いて薔薇を作り、その薔薇をアクセサリーや雑貨に仕上げます。

薔薇をいくつも使って立体に組み立てたり、作る薔薇にも種類があります。

ペーパーの色は140色以上もあります。

ロザフィ


ロザフィの資格

ロザフィは会員にならないと販売ができなということがわかったので、ここからは資格のお話しです。

ロザフィ


どこで資格が取れるの?

ロザフィの資格はロザフィ認定講師からとることができます。

認定講師は全国にいます。

日本ロザフィ協会のHPです。

https://rozafi.com/rozafi-school/

こちらに記載がない認定講師もいますので、ご自宅近くの認定講師を探してみてください。

例えば 「横浜 ロザフィ」と検索すれば横浜のロザフィ教室が出てくると思います。


どれくらいの期間で取れるの?

7つのコースに分かれていて、ひとつのコースに5〜8講座あります。

全部のコースを受けなくても、作りたいものがあるところまででも大丈夫です。

好きなコースまで受講して、会員になれば販売ができるようになります。

講師になるには認定講師コースまで進まなくてはなりません。

期間はどれくらいの頻度で通えるかによります。

認定講師を目指すなら1年位はみておいたほうが良いと思います。


受講料は?

コース受講料材料費合計
E¥10.000¥14,440¥26,884
F¥22.800¥42,560¥71,896
G¥25.800¥25,840¥56,804
H¥30.100¥31,360¥67,606
J¥36.200¥32,760¥75,856
認定講師¥42.000¥38,090¥88,099
D¥10.000¥25,880¥44,968

合計金額のみ税込みです。

他に年会費・商標使用権登録料・試験料・手数料等別途かかります。


まとめ

ロザフィとクイリングは全く違うものでしたね。

クイリングは手軽に始められそうですが、ロザフィの受講料は高いです。

まず体験レッスンを受けて、よく考えてからの受講をおすすめします。